サッカーTV

【海外サッカー・Jリーグの放送視聴ガイド】

ベルギーリーグ

【18-19】植田直通/今季セルクルブルッヘ戦の放送・視聴方法まとめ

投稿日:

クラブブルッヘのクラブロゴ

植田直通が所属する今季のセルクルブルッヘ戦の放送、視聴方法をまとめました。

発音の問題でセルクル・ブルージュとか、セルクル・ブルッヘとか、サークルブルッヘとかいろんな表記で別れているのですが、いずれにしてもCercle Bruggeというチームのことを指します。

ロシアW杯最終メンバーに入りつつも出場機会が得られなかった植田直通の新シーズン、新しい挑戦に注目です!

 

 

今季セルクルブルッヘ戦の放送と視聴方法

今季のセルクルブルッヘはヨーロッパカップ戦には出場しないため、今季は

  • 国内リーグ戦
  • ベルギーカップ戦

この2つの国内タイトルを戦い、日本では国内リーグ戦のみをスカパーで放送しています。

スカパーでは日本人所属クラブを中心に放送をしていて、大体はセルクルブルッヘ、シントトロイデン(遠藤航、冨安健洋、関根貴大、小池裕太)、オイペン(豊川)、アンデルレヒト(森岡)の中からを毎節2試合、生中継してますね。

実況は若月弘一郎アナ、永田実アナ、解説は森岡隆三、ベン・メイブリー、渡辺一平らが担当。ご視聴にはスカパーサッカーセットという月額3,401円(税込)のパック契約が必要です。

 

ベルギー移籍の真の目的はステップアップ?

植田直通にとってはベルギー1部への移籍は最終到達地点ではないはずです。

かつてオランダのVVVフェンロでプレーしサウサンプトンへの移籍を勝ち取った吉田麻也のように、まずはベルギーで出場機会を得て欧州のマーケットに自分の名前とプレーを印象づけ、更にレベルが高いクラブへのステップアップ移籍を勝ち取ることこそ、彼の真意のはず。

代表でもチームメイトだった吉田麻也から海外挑戦の重要性とか、英語を勉強の重要性とか自身の経験を色々と伝えられていたようですし、ロシアW杯で出場機会を得られなかった経験が今回の移籍に繋がったのは想像に難しくありません。

確かに日本人CBがJリーグから海外の大きなクラブに移籍して、いきなり出場に出るのは難しいと思うので、まずはベルギーのような4大リーグの1つ下の中小クラブから海外挑戦を始めて、ステップアップを目指すのは非常に理にかなっていると思います。

 

植田直通の海外挑戦1年目を見逃すな!

今季は植田直通にとって海外挑戦1シーズン目ですから、まずは怪我なく、そしてレギュラーとして1年間フルに戦うことが最重要。

植田が所属するセルクルブルッヘは昇格組で昨シーズンは2部を戦ったチームなので、まずは1部残留を目指す立ち位置のチームです。

メディアから出ている記事を読むと、鹿島時代を含め今までは勝利を目指すことが当たり前だったけど、今のチームでは引き分けを狙って守備を固めることも戦術の一つになっていて、自分なりの葛藤や違和感を抱えつつも、少しずつ順応していっている様子が見て取れます。

所属するチームが変われば戦い方も変わる訳で、色んな戦い方に対応できる頼りがいのあるCBになってほしいと思います。

植田直通はユース年代から将来を嘱望されてきた選手ですし、4年後のカタールW杯ではレギュラーとして戦える素質のある選手ですから、ベルギーでの成長を期待したいと思います!

 

セルクルブルッヘ戦の放送、ご視聴はスカパーサッカーセットで!

植田直通が所属するセルクルブルッヘの試合はスカパーで独占放送中。

ご視聴はスカパーサッカーセットとご契約が必要で、加入月は視聴料が無料。その後は月額3,401円(税込)で視聴できます。

 

 

-ベルギーリーグ

Copyright© サッカーTV , 2018 All Rights Reserved.