サッカーTV

【海外サッカー・Jリーグの放送視聴ガイド】

ワールドカップ

ロシアW杯/日本代表対セネガル戦のテレビ放送予定【民放地上波・NHK】

更新日:

ロシアワールドカップ2018のグループHの第2節、日本代表とセネガル代表の試合は6月24日の日曜、深夜0時キックオフです。日曜の夜12時キックオフなので、次の日は平日です。

会社員や学生ならまだ観戦できると思いますが、小学生などのサッカー少年少女は起きてられない時間かもしれませんね…。

この試合は日本テレビ系列、NHK総合でのダブル中継です。

スポンサーリンク

 

日本代表VSセネガル代表のテレビ放送予定

ロシアワールドカップ2018のロゴ

ロシアW杯のグループリーグ第二戦、セネガル戦の日程と放送予定がこちらです。

日付 キックオフ 放送
6月24日
(日)
24:00 NHK総合
日本テレビ

サッカー中継ではとにかく評判が悪い日テレの中継ですが、この試合はNHK総合でも生中継があるので好きな方を選んで観戦できます。

それぞれの実況解説陣はまだ発表されてませんが、日テレではお馴染みの都並敏史、北澤豪、城彰二あたりが出てくるはず。

で、スタジオではタカトシとか、くりぃむしちゅーの上田とか、NEWSの手越とか武田修宏あたりが今までどおり出演しそうですけどね。

ある程度サッカーを見てる人なら中継がクオリティが高いNHKを好んで見る人が多いと思いますが、日本代表戦の中継局の勝率で見ると、”日テレはW杯で負け無し”という面白いデータもあります。

 

セネガル代表のメンバー

3月中旬に行われた国際Aマッチデーで召集された30名の代表メンバーがこちら。

▼GK
アブドゥライェ・ディアロ(レンヌ)
ハディム・エンディアエ(ホロヤ)
アルフレッド・ゴミス(SPAL)
パープ・セイドゥ・エンディアエ(ディアラフ)

▼DF
カリドゥ・クリバリ(ナポリ)
ラミーヌ・ガサマ(アランヤスポル)
ムサ・ワゲ(オイペン)
ファル・ディアニェ(メス)
パピ・ジロボジ(ディジョン)
ユスフ・サバリ(ボルドー)
パプ・スアレ(クリスタル・パレス)
アルマン・トラオレ(カーディフ)

▼MF
バドゥ・エンディアイェ(ストーク・シティ)
シェイク・エンディアイェ(バーミンガム)
シェイク・クヤテ(ウエスト・ハム)
イドリッサ・ゲイェ(エバートン)
サリフ・サネ(ハノーファー)
アルフレッド・エンディアイェ(ウルバーハンプトン)
アサン・ディウセ(サンテティエンヌ)
アンリ・セベ(シバススポル)

▼FW
バルデ・ディアオ・ケイタ(モナコ)
イスマイラ・サール(レンヌ)
ムサ・ソウ(ブルサスポル)
ムサ・コナテ(アミアン)
オパ・エンゲット(メス)
サディオ・マネ(リバプール)
ディアフラ・サコ(レンヌ)
ムベイェ・ニアン(トリノ)
サンティ・エンゴム(ナント)
ウマル・ニアッセ(エバートン)
マメ・ビラム・ディウフ(ストーク・シティ)

■監督
アリウ・シセ

■試合結果
ウズベキスタン(△1-1)
ボスニア・ヘルツェゴビナ(△0-0)

欧州サッカーに相当詳しい人でも、知らない名前の方が多いかなと思います。

ワールドクラスはカリドゥ・クリバリ(ナポリ)、サディオ・マネ(リバプール)の2人です。

その他にもエバートンの2列目の攻撃的な中盤でバリバリのレギュラーを張っているイドリッサ・ゲイェ、同じくエバートンで今季7得点を挙げているウマル・ニアッセなど非凡な才能を持った選手が揃っています。

フランスとイングランドでを中心に欧州でプレーする選手が大半を占めており、所属クラブのレベルだけ見ても日本にとっては格上となる、侮れない相手です。

セネガルはW杯出場は2002年以来まだ2回目の出場です。前回出場した日韓W杯では初出場で、開幕戦で前回覇者のフランスを撃破し、そのままベスト8まで進出した強豪国です。

今回監督を務めるアリウ・シセはその時のキャプテンを務めた選手で、クラブレベルではパリSGでチャンピオンズリーグに出場した経験も持っています。

スポンサーリンク

 

日本代表とセネガル代表の過去の対戦成績

対戦成績では過去3戦して1分2敗、2得点5失点です。日本はまだセネガルに勝ったことがない。うーん、厳しい。

過去3戦の結果は以下の通りです。

日付 スコア 開催地 大会
1987年
5月27日
△2-2 広島 キリンカップ
2001年
10月4日
●0-2 中立
(フランス)
親善試合
2003年
9月10日
●0-1 新潟 親善試合

直近の対戦は15年前で、ジーコジャパンの時代で、その前はトルシエジャパンですね。

一番古い試合は30年以上も前の試合です。

 

セネガル戦の見所【初戦の成績次第で様変わりする可能性大】

W杯でのアフリカ勢との対戦は過去2勝1敗で、カメルーンとチュニジアに勝利し、コートジボワールに敗れています。

今回対戦するセネガルはとにかく体が強く、身体能力に優れたチームです。

戦い方としては南ア大会のカメルーン戦のように、守備意識を高く持って我慢強く戦い、1トップの選手に当ててタメを作って攻撃に移り、セットプレーを含めて少ないチャンスを仕留めるという戦い方がベースになるかと思います。

この試合は2戦目になるので、初戦の成績で戦い方も変わってきます。スペースを与えると驚異的な身体能力で置き去りにされてしまいますが、前に出ないといけないのならディフェンスラインは高めに設定して、前からガンガンプレスを掛けるハイライン・ハイプレス戦術で行くかもしれない。

いずれにせよ、初戦の成績次第でこの試合の戦い方は変わってくるでしょうけど、大会前の親善試合でアフリカ勢との試合を多く組んでいることから、ハリルホジッチ監督はこの試合をより重要視しているのではないかと思います。

いやー、勝って欲しいですね…。

 

日本代表対セネガル代表戦は6月24日の日曜深夜0時キックオフ!

試合は日本テレビ系列、NHK総合にて、6月24日の日曜、深夜0時キックオフです。

試合中に眠くならないように仮眠をとるか、その日の朝は少し遅めに起きて準備しましょう!

 

スポンサーリンク

-ワールドカップ

Copyright© サッカーTV , 2018 All Rights Reserved.