サッカーTV

【海外サッカー・Jリーグの放送視聴ガイド】

ワールドカップ

ロシアW杯/日本代表対ポーランド戦のテレビ放送予定【民放/地上波】

更新日:

ロシアワールドカップのグループリーグH第3節の日本代表対ポーランドだ表は6月28日木曜、夜9時からフジテレビで独占生中継だれます。

ポーランドのW杯出場は3大会ぶり8回目、最高成績は1974年、1982年の3位。1986年にベスト16に進出してからは02年日韓大会、06年のドイツ大会で本大会のグループリーグで敗退。それ以外は全て欧州予選で敗退しています。

日本が過去に決勝トーナメントに進出したときは、過去2回とも最低でも欧州勢1カ国には勝利していますので、今大会は唯一の欧州国との対戦であるポーランド戦は勝利が絶対に必要な試合です。

スポンサーリンク

 

日本代表対ポーランド代表の試合日程とテレビ放送予定

ロシアワールドカップ2018のロゴ

ロシアW杯のグループリーグ最終戦、ポーランド代表の日程と放送予定がこちらです。

日付 キックオフ 放送
6月28日
(木)
23:00 フジテレビ

フジテレビでW杯の日本戦を放送するのは2002年の日韓大会のロシア戦(○1-0)以来、2度目。

この試合はグループリーグ最終戦ですし、23時という時間帯でのフジテレビの独占生中継なので、決勝トーナメント進出に可能性を残していれば、かなりの視聴率を記録しそうです。

実況と解説陣は未定。フジテレビのサッカー実況で一番実績があるのは青島アナですが、この人は非常に癖のある実況をする人でして、サッカーファンからはメチャクチャ不評です。できれば世代交代で別のアナに実況をお願いしたいですね…。

解説は、フジテレビ系でよく出てくるのは宮本恒靖(現・G大阪U-23監督)とか、元日本代表の山口素弘、最近では藤田俊哉、鈴木隆行あたりの可能性もありそうですね。

 

グループリーグ最終戦/ポーランド戦のみどころ

最初のポイントになるのは、ポーランド戦はグループリーグの3戦目ですから、お互いにどういう状況でこの試合を迎えるかによって、展開は様変わりするという点。

前回大会の日本は1分1敗、勝利が絶対条件+高い上の結果次第という絶体絶命の状況でコロンビア戦を迎えており、相手のコロンビアは2連勝で控えメンバー中心で日本戦に臨んできましたが、それでも1-4と完敗しました。

06年のドイツ大会も同じような状況でブラジル戦を迎えてコテンパンにやられた過去があるので、例え相手が余裕を持って控えメンバーで来たとしても、さほどのアドバンテージにはならないことは明白。

相手がベストメンバーでくるかどうかよりも、日本が勝利なしの状況でこの試合を迎えることの方が厳しい状況を生み出すと言って良いでしょう。

 

ポーランドの守備はそこまで固くない

もともとポーランドは「得点力はあるが、守備に難あり」というチームで、実は欧州予選を突破した国の中では最も失点が多いチームです。

「点は取られても、それ以上に取る」という撃ち合い上等の戦い方はハマれば強いですが、こういう国際大会では先制点を相手に取られると挽回するのが難しいため、(前回大会のザックジャパンのように)意外と脆く、あっけないほど崩壊する可能性もあります。

日本も守備がそこまで固いチームではありませんが、先制点さえ取れれば、そのまま勝ちきれる可能性は十分ありますね。

スポンサーリンク

 

日本は過去2戦2勝とポーランドと相性が良い

日本はポーランドと過去2試合戦っており、いずれも勝利しています。

日付 スコア 開催地 大会
1996年
2月19日
○5-0 香港 カールス
バーグカップ
2002年
3月27日
○2-0 アウェー 親善試合

2戦2勝、7得点0失点。

こ、これは…勝てる!!

 

3月の国際Aマッチ時のポーランド代表メンバー

3月に行われた親善試合の時のポーランド代表メンバーがこちらです。

▽GK
アルトゥール・ボルツ(ボーンマス)
ルカシュ・ファビアンスキ(スウォンジー)
ルカシュ・スコルプスキ(ローマ)
ボイチェフ・シュチェスニ(ユベントス)

▽DF
バルトシュ・ベレシニスキ(サンプドリア)
チアゴ・チョネク(パレルモ)
カミル・グリク(モナコ)
ヤロスラフ・ヤーク(ザグウェンビェ・ルビン)
アルトゥル・イェンドジェイチク(レギア・ワルシャワ)
トマシュ・ケジオラ(ディナモ・キエフ)
ミハウ・パズダン(レギア・ワルシャワ)

▽MF
ヤクブ・ブラスチコフスキ(ボルフスブルク)
プルゼミスラフ・フランコフスキ(ヤギエロニア・ビャウィストク)
ヤツェク・ゴラルスキ(ルドゴレツ)
カミル・グロシツキ(ハル・シティ)
ダミアン・カジョル(グールニク・ザブジェ)
グジェゴシュ・クリホビアク(WBA)
ラファウ・クルザワ(グルニク・ザブジェ)
カロル・リネティ(サンプドリア)
マチエイ・マクシェフスキ(レフ・ポズナニ)
クシストフ・マチニスキ(レギア・ワルシャワ)
マチェイ・リブス(ロコモティフ・モスクワ)
ラファウ・ボルスキ(レヒア・グダニスク)
パベウ・ウショウェク(QPR)
ピオトル・ジエリンスキ(ナポリ)

▽FW
ロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)
マリウシュ・ステピンスキ(キエーボ)
ヤクブ・シビエルチョク(ザグウェンビェ・ルビン)
カミル・ビルチェク(ブレンビー)

■監督
アダム・ナバウカ

■試合結果

ナイジェリア(●0-1)
韓国(○3-2)

さすがキーパー大国ポーランド。ビッグネームが揃いますね。Jリーグの磐田にいるカミンスキーもいいGKだと思いますが、あのレベルの選手ですら代表にはかすりもしない。

レヴァンドフスキ(バイエルン)の存在感は圧倒的ですけども、2年前にベスト8に入ったEUROの時よりもメンバーは落ちている印象。

もともとポーランドって派閥ができやすい国民性らしく、あんまりチームワークが良い国ではないと聞いたことがあります。

過去のW杯の成績を見ても、ハマれば強いがなかなかハマらないし、負けるときは一気に崩壊してあっけなく負けるチームっていう印象がありますね。

 

日本対ポーランドの試合は6月28日木曜よる9時から!

日本代表対ポーランド代表の試合は6月28日の木曜、夜9時キックオフです!お見逃しなく!

スポンサーリンク

-ワールドカップ

Copyright© サッカーTV , 2018 All Rights Reserved.