DAZN スカパー ブンデスリーガ

DAZNのブンデスリーガ放送は終了…18-19からスカパー独占に

更新日:

DAZNとブンデスリーガのロゴ

ドイツ・ブンデスリーガは2017-18シーズンまで全試合DAZNでライブ配信していましたが、そのDAZNでのブンデスリーガ配信は既に終了。

現在行われている2018-19シーズンからスカパーがブンデスリーガの独占放映権を取得したため、今後2シーズン(2020年5月末まで)に渡ってスカパーで放送されることが決定しました。

 

DAZNでのブンデスリーガ放送は終了

Embed from Getty Images
 

ブンデスリーガ放送はJリーグと並び、DAZNの日本でのサービス開始当時の看板コンテンツだったのですが、18-19シーズンよりUEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグの放映権を取得した反動もあり、ブンデスリーガの放映権を失う結果となりました。

DAZNはチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグをスカパーから奪い、スカパーはブンデスリーガとベルギーリーグをDAZNから奪い返す構図となり、両社のサッカー放映権ビジネス競争は熾烈を極めています。

いずれにせよ、18-19シーズンのブンデスリーガはスカパーで中継することになったので、視聴にはスカパーサッカーセット(月額3,401円)の契約が必要になりました。

ちなみにドイツの国内カップ戦、DFBポカールは今までどおりDAZNで放送される見込みです。

 

2018/19シーズン・ブンデスリーガ放送のサブライセンスは提供されず

独占放映権をスカパーが取得した以上、DAZNがブンデスリーガを放送するには有償でスカパーからサブライセンスの提供を受けるしかなくなり、DAZNがどうするのか?の動向に注目が集まっていました。

しかしスカパーとDAZNは互いにライバル関係にあることも影響もし、ついにそのサブライセンス契約も実現しないまま開幕を迎え、結果DAZNでのブンデスリーガ配信も終了という結末を迎えました。

まぁチャンピオンズリーグの放映権だってDAZNは他社にサブライセンスを提供していないですし、仕方がないですね。

今季はNHK-BSでもブンデスリーガを不定期で放送しますが、試合開催から2~4日後の録画放送とあって、あくまでメインコンテンツとしての扱いではありません。

 

チャンピオンズリーグとDfbポカールはDAZNで放送するよ

ブンデスリーガ配信は終了してしまいましたが、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、そしてドイツ国内カップ戦のDFBポカールはDAZNで放送されます。

UEFAチャンピオンズリーグにはバイエルン、シャルケ、ホッフェンハイム、ドルトムント(香川)の4チームが今季は出場したものの、全チームがベスト16で全滅。バイエルンですらリバプールに敗れてベスト16で姿を消しました。

UEFAヨーロッパリーグにはレバークーゼン、フランクフルト(長谷部、鎌田)、予備選からライプツィヒが出場し、フランクフルトはインテルを下しベスト8まで残っています。

DFBポカールは昨季、長谷部が所属するフランクフルトがバイエルンを破って優勝しました。今大会も日本人選手のタイトル獲得に期待です。

  DAZN<無料登録はコチラ>

 

ブンデスリーガはスカパーサッカーセットでご視聴ください。

-DAZN, スカパー, ブンデスリーガ

Copyright© サッカーTV , 2019 All Rights Reserved.