サッカーTV

【海外サッカー・Jリーグの放送視聴ガイド】

jsports スカパー プレミアリーグ

【18/19】Jsportsの今季プレミアリーグ放送内容

投稿日:

Jsportsのロゴ

スポーツ専門チャンネル、Jsportsでも18/19シーズンのプレミアリーグを放送します。

18/19シーズンのプレミアリーグはDAZNでほぼ全試合を中継しているので、多くの方がDAZNでプレミアリーグを視聴していますが、Jsportsではどんな放送概要なのかを解説しています。

 

18/19シーズン、Jsportsのプレミアリーグ放送内容

Jsportsのプレミアリーグ特集ページのスクリーンショット

Jsportsでは、18/19シーズンのプレミアリーグを毎節5試合を放送。生中継2試合、録画3試合で、ハイライト番組や関連番組も放送します。

視聴料は2,286円。これにスカパー基本料390円と消費税が加わり、月額視聴料金は2,890円となります。

放送カードは主に上位クラブ(マンチェスターU、マンチェスターC、チェルシー、アーセナル、リバプール、トッテナム)が中心で、日本人選手所属クラブの中継は多くありません。

Jsportsでのプレミアリーグの直近の放送予定は公式サイト「プレミアリーグ放送予定」にてご確認いただけます。

視聴申込みはスカパー公式サイトから。

 

試合中継以外の関連番組について

Jsportsでは試合中継を見逃してしまった人のために、20minutes Footballという20分間で試合を振り返られる番組を放送。

また海外現地制作のプレミアリーグハイライト、翌週開催の試合の注目ポイントを紹介するプレビューショーも放送しています。

 

プレミアリーグ以外のJsportsでのサッカー放送について

Jsportsで放送しているプレミアリーグ以外のサッカーコンテンツは、月曜~金曜に放送されている30分のサッカー情報番組「Foot」とFリーグというフットサルリーグだけ。

かつてはプレミアリーグ、ブンデスリーガ、Jリーグ、フランス・リーグアン、チャンピオンズリーグ(一部)など欧州各国の様々なサッカーコンテンツを放送していたJsportsですが、それも今は昔。

唯一残っているプレミアリーグも昨シーズンから生中継5試合が2試合に減少してしまい、また高額な視聴料も影響して視聴者離れが加速していおり、なんとかプレミアリーグの放送だけは続けられている、という状態です。

 

全試合生放送で視聴料も安いDAZNとは雲泥の差

Jsportsではプレミアリーグ5試合(しかも生中継は2試合だけ)で月額税込み2,676円。

DAZNは毎節最大10試合生配信+チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、ラ・リーガ、セリエA、Jリーグも見放題で月額1,750円(ドコモユーザーは980円)なので、もはや比較するまでもありません。

DAZNは初回1ヶ月は無料ですし、視聴料も安い。プレミアリーグ目的なら比較の余地なくDAZNで決めてしまいましょう。

 

JsportsとDAZNのプレミアリーグ放映権関係について

スポナビライブのラ・リーガ中継終了に伴う「チーム倉敷」としての見解」の記事を読む限り、そもそもJsportsはDAZNからサブライセンスを受けている契約のようです。

当初はスポナビライブとJsportsの間にサブライセンス契約だったのが、スポナビライブが撤退しDAZNが放映権を受け継いだことで、現在はDAZNとJsportsの間にサブライセンス契約があるのだろうと推測できます。

スポナビライブ時代からのサブライセンス契約が終了するまではJsportsでもプレミアリーグの放送を今季も続けられると思いますが、その契約がいつまでなのかも不明ですし、契約終了後はDAZNの方針が変わる可能性もあります。

サブライセンス契約終了後も、DAZNがプレミアリーグの放映権を取得していたとすれば、長年続いたJsportでのプレミアリーグ放送もついに終了することになるでしょう。

Jsports自体がサッカー以外(特にラグビー、サイクルロードレースなど)のコンテンツに注力する方針に変わってきているとはいえ、Jsportsでのプレミアリーグ放送は長年の役目を終えたということなのかもしれませんね。

 

-jsports, スカパー, プレミアリーグ

Copyright© サッカーTV , 2018 All Rights Reserved.