AFCアジアカップ

サッカーアジアカップ2019決勝・カタール戦の放送予定と優勝予想

更新日:

UAE(アラブ首長国連邦)で行われるサッカーアジアカップ2019。史上最多2大会ぶり5度目の優勝に挑む日本代表はイランを下し、なんとか決勝戦にたどり着きました。

決勝戦は2月1日(金)日本時間23時キックオフ、対戦相手は2022年W杯開催国のカタールです!試合中継はBSでは22時30分から、テレビ朝日では22時55分から開始予定。

これまでW杯前年に開催されていたFIFAコンフェデレーションズカップが廃止になったため、優勝してもコンフェデには繋がらないのが残念ですが、それでもアジアタイトルは重要!

若き日本代表の栄冠に期待しましょう!

 

サッカーアジアカップ2019決勝の放送予定

今大会の決勝戦の開催予定、放送予定は以下の通り。

2月1日(金)
決勝 日本
-
カタール
23:00
BS1
テレビ朝日

日本が決勝に進出したのでNHK-BSだけでなくテレビ朝日系列での全国生中継が決定。決勝の相手は、ザッケローニ率いる開催国UAEを4-0でフルボッコにして勝ち上がってきた2022年W杯開催国のカタールです」。

カタールは今大会6試合で15得点無失点という完璧な仕上がりで、これまでにサウジアラビア(○2-0)、韓国(○1-0)とロシアW杯出場国を相次いで撃破してきており、実際の試合を見ても、確かにサッカーの質が純粋に高いと感じています。

英国の大手スポーツブックメーカー、ウィリアムヒルの優勝オッズを見てみますと、

  • 日本:1.44倍
  • カタール:2.62倍

になっていてもちろん日本有利ですが、油断はできませんよ。なにせ日本もこれぐらいの劣勢オッズを跳ね返してイランを撃破してきていますからね。

さらんいウィリアムヒルのオッズを見ていくと、

  • 両チーム得点:はい:2.25倍
  • 両チーム得点:いいえ:1.60倍

このようなものもあり、互いに守備が固いチーム同士(互いに決勝トーナメントは3試合無失点)でも、決勝では得点を取り合う展開が予想されているのが面白いですね。

また90分での試合スコアの予想オッズに目を移すと、

  • 1-0 日本勝利:5.00倍
  • 0-0&1-1 引き分け:5.80倍
  • 2-0 日本勝利、1-0 カタール勝利:8.00倍
  • 2-1 日本勝利:10.00倍

となっており、いずれにしてもロースコアでの接戦が予想されています。決勝戦だし、さすがに点を取り合うバカ試合にはならないでしょうしね。(※いずれのオッズも1月30日時点のものです)

ちなみに私、大会開幕前のオッズ6.00倍の時点でウィリアムヒルで日本優勝に1万円を賭けています。

このまま順調に、もし日本が優勝すれば6万円が返ってきますが、果たして…!

ウィリアムヒルのロゴ

ちなみにウィリアムヒルなど海外ブックメーカーには日本からも気軽に参加することができて、アジアカップ以外にもJリーグ、チャンピオンズリーグやプレミアリーグなどの欧州サッカーに賭けて遊ぶこともできるんで、興味のある方はぜひ。

試合観戦の面白さが倍増するんで、サッカー観戦が好きな方は日本優勝にブッ込みして喜びを爆発させてはいかがでしょうか。笑

→ ウィリアムヒルの始め方

 

アジアカップ2019の決勝進出国予想

(これより先は大会開幕前の12月25日時点で執筆したものです。大会開幕前にどんなオッズや予想をしていたのかをお楽しみください。)

決勝進出国を予想する上でぜひ参考にしたいのがブックメーカーのオッズです。

世界主要ブックメーカー、日本でもおなじみのWilliamHill(ウィリアムヒル)と10Bet Japan(テンベットジャパン)の優勝オッズは以下の通り(1月4日時点)。

この他にも色んなブックメーカーがあるのですが、どこも同じようなオッズでした。

10Bet Japan WilliamHill
日本 5.00倍 6.00倍
イラン 5.00倍 5.00倍
韓国 5.00倍 5.00倍
オーストラリア 6.50倍 10.00倍
サウジアラビア 10.00倍 11.00倍
UAE 11.00倍 9.00倍

日本とイラン、韓国が人気銘柄です。UEA、オーストラリア、サウジアラビアが続く構図で、やっぱりW杯出場組と開催国UAEを中心に優勝争いが繰り広げられるという予想ですね。

グループリーグの順位によって決勝トーナメントの組み合わせが変わってくるんで予想が難しいですが、日韓戦で決勝とかも十分ありえますよね。。。個人的には嫌ですけど、韓国はソン・フンミンいるしなぁ。

日本にとっても厄介な相手になるでしょうね。

ちなみにオッズは掛け金に対する払戻金の倍率なので、オッズが低いほど王道予想、オッズが高いほど波乱予想になります。仮に日本優勝にオッズ6倍のWilliam Hillで1万円を賭けて的中したとすると、賭金の6倍で6万円が払い戻し。5万円が儲けとなります。

 

過去の優勝回数と日本のジンクス

日本は1992年、2000年、2004年、2011年に優勝しており史上最多4回の優勝回数を誇ります。

ちなみに1996年はサウジアラビア、2008年はイラク、2015年はオーストラリアが優勝してるんですが、実は直近7大会のうち4度優勝という実はアジアで圧倒的に強い日本代表です。

さらに過去4度の優勝時は全て外国人監督(オフト、トルシエ、ジーコ、ザッケローニ)、日本人監督としてアジアカップに挑んだのは1996年の加茂監督がいますが、準々決勝でクウェートに0-2で敗れてベスト8止まりでしたので、森保監督が優勝すれば日本人監督としては史上初のアジアカップ制覇になります。

さらにさらに、アジアカップで優勝できなかった2008年はオシムから岡田武史に引き継がれて2010年南アW杯でベスト16、2015年はアギーレでベスト8で敗退するも、その後にハリルホジッチ、西野朗と引き継がれて2018年ロシアW杯でやはり16強進出と、アジアカップで敗退すると監督が変わるものの直後のW杯では躍進するジンクスが日本代表にはあります。

一方アジアカップで優勝すると直後のW杯では低迷する傾向が強く、2009年→2002年の日韓W杯は16強進出に繋がるも、2004年→2006年はジーコジャパンで惨敗、2011年→2014年もザックジャパンでやはり惨敗。

アジアカップで優勝するとW杯で勝てず、アジアカップで負けるとW杯で躍進するというパラドックスを抱える日本代表ですが、これからの4年はアジアカップ優勝→W杯ベスト8で頑張ってもらいましょう!笑

→ ウィリアムヒルの始め方

 

-AFCアジアカップ

Copyright© サッカーTV , 2019 All Rights Reserved.