2017年ルヴァンカップの放送はスカパーとフジテレビで中継!

2017年のJリーグルヴァンカップの視聴方法をまとめました。2017年シーズンからJリーグはDAZN(ダゾーン)が放送を開始しましたが、ルヴァンカップの放送はスカパーかフジテレビです。

リーグ戦に比べれば重要度は落ちますが、それでもクラブにとってもサポにとってもタイトルがかかった重要な戦いです!

クラブ事情から取り残されないよう、2017年のルヴァンカップの放送についてチェックしておきましょう。

 

2017年ルヴァンカップの放送はスカパーとフジテレビで生中継

今シーズンのルヴァンカップを放送するのはスカパーフジテレビONE/TWO/NEXTです。

それぞれで全試合を放送しますが、全試合生中継で見ようと思うと両方の契約が必要です。

グループステージは毎節全6試合のうち、スカパーで3~5試合を生中継、フジテレビCSチャンネルで残りの試合を生中継します。

放送予定を見る限り、スカパー、フジテレビそれぞれで毎節生中継するチームは固定されていません。

決勝トーナメント以降も、生中継はフジテレビとスカパーの半々で中継を分け合うんじゃないかと思います。

 

スカパーサッカーセットでルヴァンカップを放送!

スカパーサッカーセットでは天皇杯と一緒にルヴァンカップを放送。ルヴァンカップは全試合生中継ではありませんが、録画放送を含めてスカパーサッカーセットだけで全試合を放送します。

視聴料は毎月2,980円。これにスカパー基本料421円を足した3,401円が月額料金です。

生中継の試合数はフジテレビよりスカパーの方が圧倒的に多いので、ルヴァンカップが目的なら第一選択肢となります。

ルヴァンカップの他にも、天皇杯、ユース・育成年代、Jリーグクラブ応援番組、Jリーグ関連番組を放送。海外サッカーではセリエA、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、各種関連番組もセット内容に含まれています。

海外サッカーも含めたセット料金で、国内サッカーだけのセット契約は出来ませんので、海外サッカーに興味がない人にとってはちょっとシンドイなぁと。

 

フジテレビONE/TWO/NEXTでもルヴァンカップを放送!

フジテレビのCS3チャンネルでもルヴァンカップを全試合放送します。視聴料金は3チャンネルで1,620円、これにスカパー基本料421円を足した2,041円が月額料金。

全試合放送とはいえ、毎節の生中継が1~3試合と幅があり、しかも録画放送までのタイムラグも生じるのでサポーターにとってはやや不便ですね。その代わり、スカパーサッカーセットよりも値段が安くなっています。

Jリーグの関連番組はありませんが、その他に小林祐希所属のオランダ・エールディビジ、アメリカメジャーリーグ・サッカー、イングランドプレミアリーグ(毎節2試合)を放送しています。

 

サポーターとして優先順位が高いのはスカパーサッカーセット

放送概要を見ての通り、毎節の生中継の数はスカパーサッカーセットの方が圧倒的に多いですし、録画放送までのタイムラグも短い、しかも関連番組も豊富なんで、契約するならスカパーサッカーセットの方が優先順位が高いかと思います。

フジテレビは値段は安いですが、見たい試合が見たい時に見れないのが痛い。

試合の多いグループステージは再放送は翌日、翌々日になっちゃうこともあるから、有料契約してこれだとちょっとキツイなぁと。

 

ルヴァンカップの試合日程に合わせて解約&再加入で視聴料節約を!

やっぱり気になるのは月額料金だと思うのですが、ルヴァンカップの試合日程に合わせて加入→解約→再加入を使い分けて視聴料を節約する方法もあります。

2017年のルヴァンカップと天皇杯の日程を見ていくと、

ルヴァンカップ 天皇杯
3月 GL第1節
4月 GL第2節・3節
5月 GL第4節~7節
6月 PO第1戦 2回戦
7月 PO第2戦 3回戦
8月 準々決勝
第1戦
9月 準々決勝
第2戦
4回戦
10月 準決勝 2試合 準々決勝
11月
12月 準決勝

になっています。

ルヴァンカップの決勝日程は未定ですが、まぁ地上波で生中継するからここは気にしなくて良し。

2017年からGL終了後にプレーオフをホーム&アウェーで行い、勝者が準々決勝に進むシステムに変更になりました。

この日程に合わせて、自分の贔屓クラブの試合がある時期だけ契約すれば、視聴料も少しは抑えられるという訳。

 

2017年シーズンのスカパーサッカーセットではこの節約技が使いにくい

ただしスカパーサッカーセットで契約すると、今年はこの節約技が使いにくい…。

なんせ試合がない月がなく、天皇杯もいれると3月~10月までぶっ続けです。例年、試合のない月があるんで視聴料も節約できるんですけどね。

「プレーオフに進出しないチームは5月、6月は解約でいけるか」と思いきや天皇杯が入ってる。

今年は贔屓クラブの勝ち上がり状況と、天皇杯の試合を見るかどうかで契約は変えるしかないなぁという感じ。

フジテレビ契約の場合とか、ルヴァンカップだけに話を絞るのなら、GL敗退のチームは解約してしまえばいいですし、ACL出場チームのサポは準々決勝から契約すればいいでしょう。

GLを突破したチームも、GL開催の3月~5月、準々決勝の8月に再加入すれば良い。

問題は、スカパーサッカーセットと契約して、贔屓クラブがGL→プレーオフ→準々決勝と進んだ場合。

これは解約の暇がないので、契約もやむなくぶっ続けになってしまいますね。

 

再加入がお得なのは、再加入月も視聴料無料になるから

なぜここまでこの方法にこだわるかと言うと、スカパーはフジテレビのCSチャンネルの契約も含め、契約初月は無料になるんです。

さらに、前月が未契約であれば、再加入した月の視聴料も無料になるからなんです。

つまり、GLに合わせて3月加入→5月解約で月末まで視聴し、8月に再加入→10月に解約して月末まで視聴したとします。

契約は全部で6ヶ月ですが、契約初月の3月と再加入した8月は無料になるんで、支払いは全部で4ヶ月分の視聴料だけで良くなるということ。

今年はルヴァンカップと天皇杯がセットになったせいでこの節約技が使いにくいですが、贔屓クラブの勝ち上がりや日程を見ながら加入→解約→再加入をすると視聴料を大きく抑えられることを覚えておくと良いと思います。

フジテレビONE/TWO/NEXTのお申込みはこちらから。