2017年Jリーグを見る方法まとめ【視聴はDAZNで】

2017年シーズンのJリーグ、J1、J2、J3の試合を見る方法をまとめました。

国内リーグだけでなく、ルヴァンカップ、天皇杯、それからアジアチャンピオンズリーグ(ACL)も含めた視聴方法も確認し、Jリーグトータルで楽しむ方法を書きました。

今までお金を払ってJリーグの試合を見たことがない人でも、わかりやすく視聴方法をまとめているので、是非参考にしてみてください!

 

2017年Jリーグ(J1・J2・J3)視聴方法/試合を見るにはDAZNで!

2017年シーズンのJリーグはDAZN(ダゾーン)というスポーツ専門のネット配信サービスで視聴できます。

DAZNで配信するのはJ1、J2、J3のリーグ戦と、J1昇格プレーオフの全試合。これを全試合生配信!

料金はドコモユーザーなら980円それ以外の人は1,750円です。

Jリーグの試合はDAZN以外だとNHK総合、NHK-BS、地上波ローカルTVなどでも一部放送しますけど、自分が見たい試合が必ず放送されるとは限りませんし、そもそも放送試合数が少ないですね。BSでも大抵は毎節1試合だけです。

Jリーグの試合を見たい人の大半はお目当てのチームがあるはずなんで、そのチームの試合&Jリーグの注目試合を確実に見たいのなら、やはりDAZN加入が確実です。

DAZNは契約初回1ヶ月は無料お試し期間がついているので、その期間中に解約すれば視聴料はかかりませんよ~!

 

Jリーグとルヴァンカップ、ACL、天皇杯のテレビ放送・ネット中継を確認

次に、Jリーグ以外のカップ戦の視聴方法も全体図で確認しておきます。

Jリーグのファンであればルヴァンカップ、天皇杯、ACLも気になると思いますが、残念ながら放送しているチャンネルがバラバラ

  • Jリーグ:DAZN
  • ルヴァンカップ&天皇杯:スカパーサッカーセット(月額2,980円)
  • ルヴァンカップ:フジテレビONE/TWO/NEXT
  • ACL:日テレG+、日テレNews24

全部見ようと思ったら、どれだけの有料チャンネルに入らないとダメなんだよっていう状態。

国内のサッカー放映権ビジネスが過渡期に入っているとはいえ、もう少しファンの都合を考えてほしいです。

さすがに全部を見るのは大変なので、まぁ一般的なファンからすると

  • 「Jリーグ>ルヴァンカップ>天皇杯」

ACLに出場するチームのサポは

  • 「Jリーグ>ACL>ルヴァンカップ(決勝T以降)>天皇杯」

の優先順位になるかなぁ。

でもスカパーはCLやEL、セリエAの海外サッカーも含めてのセット料金(2,980円)だから、海外サッカーは要らない人も多いし、Jリーグだけ独立させてもう少し安くして欲しい。あと日テレのACL放送も不便過ぎます。

 

Jリーグ全試合配信のDAZN(ダ・ゾーン)について

さて、話をJリーグに戻しましょう。

2017年シーズンからJリーグの試合を中継することになったDAZN(ダ・ゾーン)は、イギリスのパフォームグループが提供するスポーツ専門のネット配信サービスです。

Jリーグ以外にもブンデスリーガやセリエAも配信しますし、サッカー以外にもプロ野球、テニス、バスケ、アメフト、ラグビー、モータスポーツ、ホッケー、格闘技など、メジャーからマイナースポーツまで、実に多種多彩なコンテンツを配信しています。

スマホ、タブレットなどのアプリ、パソコン、テレビで視聴可能。ただし、どの端末で見るにしてもネット回線は必須です。

僕はテレビで見ることもありますが、今のところタブレットPCで見るのが快適。

意外と言っては失礼ですが、Surface pro4が使いやすく見やすいです。2in1など画面が大きいタブレットPCを手元でみると見やすいですね。背面にスタンドがあるとより便利。

 

料金について:DAZN for docomoは安い!

DAZN for docomo、高畑充希と堤真一

DAZN for docomo(公式:より引用)

DAZNは月額料金さえ払えば、コンテンツは全て見放題。競技ごとの料金プランはありません。料金設定は以下の通り。

※月額料金(税抜) DAZN DAZN+dtv
ドコモ利用者 980円 1,280円
上記以外の人 1,750円 2,050円

ドコモ利用者の人は有利な料金設定になっています。ドコモ両者はスマホだけでなく、ガラケー(FOMA契約)、タブレット、データ通信契約(ポケットWi-Fiなど)でも大丈夫。

スポナビライブのソフトバンク契約はガラケーがダメなんで、2台持ちの人は嬉しい。

dtvっていうのはHuluとかNetflixとかU-NEXTみたいなオンデマンドの動画配信サービス。単独で契約すると月額500円がかかるけど、セットで申し込むとお得になるよっていう料金設定です。



公式→ dTV

DAZNでのJリーグ中継と関連番組について

試合中継以外にも、ハイライト番組や関連番組が豊富。例えば、

  • プレビューショー(J1~J3)
  • ハイライト番組
  • その他特集番組

があります。

特集番組はキックオフカンファレンスやJリーグアウォーズなどの表彰、公式イベント、選手インタビューなどの特集番組を配信しています。

2017年シーズンの開幕前には磐田の名波浩監督と中村俊輔の特集番組、プレシーズンマッチ(DAZNニューイヤーカップ、アジアチャレンジ)などもバッチシ配信。

さすがにコアなファンでも満足できるように、色々工夫して注力しているのが分かります。

2017年は初年度とあり、開幕前の時点では番組も少ないですが、これからどんどん増えていくと思います。

 

Jリーグの試合中継の実況や解説など

実況・解説陣営もスカパー時代とほとんど同じで、J1の注目試合だと西岡アナや下田アナ、八塚アナといったおなじみの方々が喋りますし、地方の試合もOBや現地局のアナ、現地局出身のフリーアナが多いです。

女性のピッチレポーターもいますし、実況や解説など、コンテンツ面はスカパー時代とほぼ同じです。ただ、試合後の監督インタビューとか、選手インタビューは以前より簡素ですね。

Jリーグの開幕戦では一部の試合配信がストップしたり、ライブ視聴できないなどのトラブルがありましたし、正直改善して欲しいところは多々あります。

 

その他のDAZNについての概要

これら以外の、画質、録画、Jリーグ以外のサッカーコンテンツの配信など、サッカーファンが気になるであろう事柄はここでは全部書ききれないので、DAZNのサービス概要は別途、下の記事に書きました。

あるいは、公式のよくある質問、ヘルプにも詳しい説明も載っていますよ。海外サービスなんで、日本語で書いていてもちょっと見にくいけどね。。

 

毎週Jリーグの試合が見れるってスバラシイ!

毎週末にお目当てのチームの試合が見れると生活の楽しみが増えます。

特にJリーグは海外サッカーでと絶対に体感できない楽しみがありますから、これからJリーグを本格的に見てみようって人は是非この機会を利用して貰って、Jリーグを満喫する楽しみを一緒に共有したいぐらい。

いくら地元のチームであれ、応援しているチームであれ、試合が見れなければ近くて遠い存在でしかありません。

毎試合、自分の目でチェックするようになると、チームの存在が自分の生活の中に取り込めるようになり、自分はチームの当事者という感覚に変わっていきます。

 

Jリーグの面白さってこんな感じでハマっていく(実体験)

応援しているチームのストーリーを理解して、選手に愛情を注いで、長年に渡って色んな喜怒哀楽をチームと共にしていくからこそ、勝った時、昇格した時、ACLに出れた時、タイトルを取った時の喜びも最大限です。

毎週末の楽しみが出来て、DAZNで試合を見て、選手のこと一生懸命覚えて、勝ったとき、負けたとき、

チームの勝敗に一喜一憂して、負けた負けたまた負けたってガッカリして、審判に文句言って、

あの選手もう要らね、あいつマジ○ねとかってボロカスに選手叩いて、でも次の試合で大活躍して快勝とかしちゃってゴメンナサイして。

2ちゃんねるのスレとか見て他の人の意見とか見て、着もしない記念ユニフォームとか買い揃えちゃって、

新シーズンに向けての新戦力に期待して、移籍報道を逐一チェックして、新加入選手を歓迎して。

スタジアムに行って生観戦して、いい歳こいて勝ち試合に感動とかしちゃってさ。

給料が上がるわけでも無いのに取り憑かれたように試合を見て、応援して、試合終わった後も友達と居酒屋で勝利の美酒に酔いしれて、

みんなでワイワイがやがやサッカー談義して、勝手に幸せ感じてやんの。

で、残り試合の日程と対戦相手を眺めて都合のいい勝点を計算して妄想して…

あ~楽しい

このバカみたいな楽しさを、ひとりでも多くの人と分かち合いたいって心の底から思います。

他サポであれ、なんであれ、この楽しみを体感できれば、あなたも立派な日本サッカー界のファミリーの一員ですから。

ドコモユーザーなら980円、それ以外の人でも1,750円さえ払えばお目当てのチームの試合を毎週末、思う存分満喫することが出来ます。

ランチ一回、外食一回分の値段でこの楽しさなんだから。

今までスカパーには入っていなかったけど、この値段ならDAZNに入ってJリーグの試合も見てみようかなって人もぜひ気軽に一度は加入してみてほしい。

気に入らなければ期間内に解約すればいいんだし、DAZNでは無料お試し期間が1ヶ月あるんで、とりあえず入って、思う存分試合見てみてよ!