16/17ブンデスリーガを見るなら視聴はDAZNかスカパーで

ブンデスリーガを見るにはどのチャンネルと契約すればいいのか?どこで放送しているのか?

この記事では、ブンデスリーガの放送や視聴に関して、ファンの目線でチャンネルごとの特徴を紹介し、国内カップ戦やチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグの放送についてもまとめました。

ブンデスリーガの試合を見たいなぁと思っている方は是非この記事を読んで、理想の視聴環境を整えましょう!

 

16/17ブンデスリーガを見るにはテレビ放送はスカパー、ネット視聴はDAZN(ダゾーン)で

日本人選手も多くプレーしているドイツブンデスリーガの試合を見るなら、DAZN(ダゾーン)とスカパーがおすすめ。

DAZNはブンデスリーガを全試合生配信スカパーでは欧州サッカーセットにて毎節3試合を放送しています。

 

DAZN(ダ・ゾーン)でブンデスリーガを見る!

DAZNのサッカーコンテンツの画面のスクリーンショット

DAZNはスポーツ専門のネット配信サービスで、Jリーグの放映権を獲得したことでも話題になりました。スマホ、タブレット、パソコン、テレビで視聴できます。

ブンデスリーガの他にも、ドイツカップ(DFBポカール)、ブンデス2部の主要試合(シュトゥットガルトなど)も配信しており、セリエA、Jリーグなどのサッカーコンテンツが見放題です。

会員登録後、1ヶ月の無料お試し期間があり、その後もサービス視聴を継続すれば月額料金はドコモ利用者なら980円、それ以外の人は1,750円です。

スカパーの欧州サッカーセットでブンデスリーガを見る!

スカパーで契約できる欧州サッカーセットの中にはJsportsで放送するブンデスリーガ中継も含まれています。

こちらは毎節3試合を放送し、生放送が1試合、録画放送は2試合です。(少ないっ!)

放送カードはドルトムントとバイエルンがほぼ固定、残りの1試合は日本人選手所属チームの注目試合ですね。

欧州サッカーセットではブンデスリーガの他、

  • チャンピオンズリーグ
  • ヨーロッパリーグ
  • プレミアリーグ
  • セリエA

も一緒に見ることが出来ます。

月額料金は3,980円。契約初月は無料で、オンデマンド配信も無料で視聴できます。

Jsportsの単独契約はブンデスファンには意味がない

欧州サッカーセットではなくJsportsのみの単独契約も出来るのですが、ブンデスファンにはメリットがありません。

Jsportsではブンデスリーガは毎節3試合の放送で、月額料金が2,890円です。

DAZNなら月額1,890円で全試合生配信+ポカールも見れますから、Jsportsと単独契約するのはアホらしいです。

ブンデスリーガとポカール、チャンピオンズリーグの放送を一緒に見たい場合

ブンデスリーガだけでなく、国内カップ戦であるDFBポカール、欧州カップ戦のCL、ELの試合を一緒に見る場合の放送についても確認しておきます。

ちなみに、CLで勝ち残っているのはバイエルン、ドルトムント(香川)、レバークーゼン。ELはボルシアMG、シャルケ(内田)が残っています。

これらの試合を放送しているチャンネルを表にまとめたのがコチラ。

DAZN スカパー Jsports
スカパー
サッカーセット
欧州
サッカーセット
月額料金 980円
1,750
2,980円 3,980円 2,890円
ブンデスリーガ ×
ブンデス2部 × × ×
ポカール × × ×
CL × ×
EL × ×
◎=全試合生配信 ○=主要試合のみ 
△=1~2試合のみ ×=放送なし

こういう場合、国内リーグを中心にしつつ、希望に合わせてCL/EL、ポカールを付けたしていく形になるのですが、ブンデスリーガの場合はちょっと特殊です。

DAZNならブンデスリーガとポカールが一緒に見れますし、欧州サッカーセットならCLとELを一緒に見れます。

上の表にある各チャンネルの放送内容を考慮すると、3パターンのチャンネルの組み合わせ方が効果的。迷ってる方はこの中から選ぶと分かりやすいと思います。

①DAZNのみ

  • ブンデスリーガ全試合
  • ポカール

②スカパー・欧州サッカーセットのみ

  • ブンデスリーガ3試合
  • CL
  • EL

③DAZN+スカパーサッカーセット

  • ブンデスリーガ全試合
  • ポカール
  • CL
  • EL

放送内容はブンデスリーガ関連の試合のみの記載で、ブンデスとは関係のない試合は書いていません。

DAZNを選んでチャンピオンズリーグも付け足す場合は、月額2,980円のスカパーサッカーセットを付け足すと良いです。

いずれにせよ、スカパーの欧州サッカーセットとDAZN、どっちかをまずは選ばないといけませんね。

 

スカパー欧州サッカーセットとDAZNをブンデスリーガの観点で比較してみる

スカパーの欧州サッカーセットとDAZNの料金、コンテンツ、視聴端末を比較したのがコチラ。

DAZN 欧州サッカーセット
月額料金
(税込)
980円
1,750円
4,401円
(基本料421円含む)
ブンデスの放送 全試合生配信 毎節3試合
(生中継1試合、録画2試合)
ブンデス
以外の放送
ポカール
Jリーグ
セリエA
コッパ・イタリア
FAカップ(ENG)
リーグ杯(ENG)
コパデルレイ
W杯予選(南米・欧州)
その他たくさん
セリエA
プレミアリーグ
CL
EL
ハイライト番組
海外サッカー関連番組
視聴端末
オンデマンド配信
PC、スマホ、タブレット
テレビ(要・接続機器)
テレビ
無料のオンデマンド配信あり

DAZNの配信コンテンツはメジャーな試合のみを記載しました。この他にもマイナーな試合の配信はたくさんありますが、英語実況のみの試合も多いのでここでは除外しています。

比較する上で重要なポイントになるところは赤字で書いておきましたが、結局のところ、どっちと契約すべきかは「ブンデスリーガのどのチームの試合を見たいか」によります。

バイエルン、ドルトムント(香川)の試合だけなら欧州サッカーセットで十分だし、それ以外の日本人選手所属チームを中心に、しかも生放送で見たいならDAZNです。

 

DAZNを選んだほうがいいのはこんな人

日本人選手所属チームの試合を見たい人、リーグ戦の試合を生放送で見たい人はDAZNがいいです。

日本人選手でいうと、長谷部フランクフルト、内田シャルケ、酒井高徳のハンブルガーSV、武藤マインツ、大迫ケルン、原口ヘルタなど、この辺のチームはDAZNじゃないと毎節は見れないのでね。

もともとブンデスリーガはDAZNの主力コンテンツですから、普段のリーグ戦、国内カップ戦を網羅できるDAZNの方が満足度は高いかなーと思います。

CLとELの放送がないのがデメリットだけど、欧州カップ戦は月に数回しか試合がないのがなぁ…。

どうしても欧州カップ戦を見たいのなら、スカパーサッカーセット(月額2,980円)を追加すれば良し。これなら放送範囲も被らず、月額料金も抑えられます。

欧州サッカーセットはこんな人におすすめ

欧州サッカーセットはドルトムントとバイエルンの試合さえ見れれば良いという人、ブンデスリーガ+CL/ELを効率よく見たい人向けのセットです。

欧州サッカーセットだとブンデスリーガは毎節3試合の放送しかないので「せっかく契約してるのに見たい試合が見れない」状態にならないように注意が必要。

欧州サッカーセットは上位チームを中心にした必要最低限の試合しか放送しませんから、見たい試合が見れないリスクがあるのを承知して契約すべきです。

そのために、自分が見たいチームの試合がどこなのか、そのチームの試合はどこで放送しているのかを事前に整理しておきましょう。

 

ブンデスリーガ観戦の魅力…日本人選手の活躍を見れる

ブンデスリーガの魅力と言うと、やっぱり日本人選手が多いっていう点かな~。

日本人選手がいるチームの試合を見ていると、自然とそっちのチームに肩入れして見るようになるので、熱狂もしやすいです。

これは試合のレベルが高い低いとは全く関係のない熱狂で、子供の運動会とか、地元の高校が出ている甲子園に熱狂するの感覚に近いかな。

香川が点を決めれば(最近決めないけど…)近所迷惑も甚だしい「きたぁ!!!」と大声がついつい出ちゃうし、やっぱり日本人である以上、日本人選手が絡むと関係当事者として見れる、熱狂できるっていう魅力がありますね。

 

ブンデスリーガで日本人選手の試合を見ていると、代表の試合もより面白くなる

代表好きの人にもブンデスリーガは超オススメ。なぜなら、代表選手が普段、所属チームでどういうプレーをしているのかを見ていると、色んな視点で代表の試合を楽しめるからです。

ブンデスリーガの試合を普段見ていない人は、代表の試合だけを切り取って「あーだこーだ」選手を批評しちゃいますよね?

例えば、昨年行われた最終予選のサウジアラビア戦では大迫が代表復帰、久々の先発、そしてポストプレーが光って大活躍でしたよね。

でも、その大迫がサウジ戦に至るまでにケルンで実際にどんなプレーをしていたのか、リーグ開幕からサウジ戦までどういう経緯を辿ったのか、ハリルホジッチ監督が彼のプレーの何に期待して代表に呼び、サウジ戦のプレーは普段とクラブでのプレーと比べてどうだったのか。

こういった得点や出場試合数といった数字だけでは見えない背景を理解して、サウジ戦の大迫のプレーをを見て批評していた人って少ないんじゃないかなーと思います。

特定の選手を追っかけて成長を見守っていくという面白さは、その選手のプレーを見続けた人にしか分からないものです。それが海外で活躍する日本代表選手ならなおさら。

もちろん、僕もすべての試合は見きれないし、大迫のプレーは全て見ている訳じゃないんですけども、こういった特定の代表選手の背景を掴めるようになれれば、今まで以上にたくさんの視点から代表の試合を楽しめるようになるよなぁと思いますね。

 

ブンデスリーガは日本時間の土曜日、日曜日の夜11時半から生中継がある

あとね、ブンデスリーガの試合のキックオフ時間がちょうどいい。ブンデスリーガは毎節キックオフ時間が決まっていて、大体の場合このようなスケジュールになっています。

時間、曜日は全て日本時間ですが、

  • 土曜の朝4時30分(1試合)
  • 土曜の夜23時30分(5試合)
  • 土曜の深夜2時30分(1試合)
  • 日曜の夜23時30分(1試合)
  • 日曜の深夜1時30分(1試合)

と、日本時間の土曜の23時半キックオフの試合がたくさんあるんですよ。この時間帯であれば、日本のサッカーファンでも、ちょっと夜更かしすれば見れる時間帯。

さすがに日曜の夜23時半キックオフの試合になると厳しいですけど、土曜の23時半だったら、次の日の朝も心配しなくていいからね。

僕は昼間にJリーグの試合をDAZNで見て、夜はブンデスリーガをよく見てます(遊ぶ友達がいないので)。

で、ブンデスリーガの試合は前半は普通にリビングで見て、後半開始時点ではこんな感じに。笑

 

いや~、この状態でサッカーを見れるって、幸せですよ。笑

試合を見る時は僕は画面が大きいSurface Pro4でよく見ています。眠くなればそのまま寝るし、試合終了まで見終わったら画面を消して即就寝です。笑

たまに試合に興奮しすぎて眠れなくなる時もありますけど、まぁ土曜日の夜なんで気にしなくてもいい。

ちなみに、欧州サッカーセットでもスカパーオンデマンドが無料で見れるんで、同じようにベッドでゴロ寝しながら試合を見れますよ。

 

まとめ

ブンデスリーガを観戦すると、毎週こんな感じで試合を楽しむことが出来ます。あなたも契約すべきかどうか色々迷うでしょうけど、自分の趣味を僕の要の心の底から思いっきり楽しんでほしいと思いますね(上から目線)。

DAZNなら1ヶ月の無料お試し期間があるので、気になる方は無料期間だけでも試してみると良いと思いますー!