サッカーだけ見たい!スポナビライブの配信内容と月額料金

スポナビライブは、サッカーをはじめとしたスポーツコンテンツ専門のネット配信サービスです。

スマートフォンやタブレットからはアプリを使って、パソコンからはネットで視聴するのですが、必要な機器があればテレビに繋いで見ることも出来ます。

テニスや相撲、野球、バスケットボールなど色んなスポーツを配信していますが、「サッカーだけが目的」でスポナビライブを検討している人に向けて、配信内容や月額料金といったスポナビライブの概要をまとめました。

 

スポナビライブでのサッカーの配信内容と月額料金

スポナビライブで配信しているサッカーの試合は、

  • スペインのリーガエスパニョーラ
  • イングランドのプレミアリーグ

です。両方とも、全試合を生配信!!

このほかには、スポナビライブニュースというスポーツ番組、リーガプレビューショーという、リーガエスパニョーラの週末の試合に向けて、見どころを紹介する番組があります。

※この番組はプレビューショーなんで、ハイライト番組じゃないですよ。

サッカー観戦目的なら大抵これらの番組だけで済むと思いますが、一応、なでしこリーグの配信もあります。リーグ戦は毎節2試合、リーグアップの予選リーグ毎節2試合、準決勝と決勝ですね。

月額料金はソフトバンクユーザーは月額540円(税込)ソフトバンク以外の方は3,240円(2017年3月分まで視聴料半額キャンペーン実施中)です。

ソフトバンク契約者は安い!

視聴可能端末は、スマホ、タブレット、パソコン、iPhone、iPadです。これらの機種+必要な機器があれば、テレビに繋いで見ることができます。

 

540円のソフトバンク契約ができるのはスマホとタブレット契約者のみ

ソフトバンクユーザー向けの540円契約をするには、ソフトバンクのスマホかタブレットを契約していないといけません。

つまり、ソフトバンクでガラケーを使っている人は対象外ってことです。

今はガラケーとスマホ、タブレットなどの2台持ちが多いですが、ソフトバンクのスマホかタブレットを契約していないとダメなんですよね。

ただし、ソフトバンクショップでスマホからガラケーに、端末を持ち込みで機種変更した人とか、SIMカードを自分で差し替えた経験のある人なら、540円契約できるはずです。

マイソフトバンクにログインした時に、トップページに表示される「機種情報」の項目をチェックしてみてください。そこに記載されている機種がスマホになっていれば、540円契約が出来ます。

 

これは僕がマイソフトバンクにログインした時の表示です。

僕は以前、iPhone4からガラケーに持ち込み機種変更したんですが、持ち込み機種変更すると機種情報が更新されず、以前の機種のままなんですね。

僕の場合だと、ご覧の通りiPhone4のままになっていますよね。そのおかげで、540円契約できました。笑

 

親や家族のソフトバンクスマホで契約すればスポナビライブも540円で視聴できる!

スポナビライブに加入するかどうかで一番迷うのって、やっぱりソフトバンクスマホで540円契約できるかどうかですよね。

同じものを見るのにこれだけ値段が違うとなると、さすがに躊躇しちゃうのも無理はない。

docomoやau、格安SIMを使っている人にとっては悩ましい点ですが、身内にソフトバンクスマホを持っている人がいれば、その人の名義で契約すればいいと思います。

契約者のスマホとは別の端末でも見ることが出来るんで、活用できるのであれば相談してみるといいでしょう。ただし、料金の支払いは契約者のスマホ料金と一緒に請求されますから、お金は自分たちでやりとりしないといけませんけどね。

 

スポナビライブは2台目まで無料で見れるので複数端末OK!

スポナビライブは複数端末で視聴できます。2台目までは追加料金なしでサービスを楽しめます!

2台目の端末でアプリをダウンロードし、左上のメニューからログインすればOK。ログイン時は最初に契約した時の電話番号とパスワードを入力します。

この2台目視聴を使えば、親や家族のスマホで契約し、2台目を自分のものにすれば、540円で契約&自分のスマホやタブレットでスポナビライブが見れるという訳。

ちなみに、2台目はソフトバンクのスマホ、タブレットでなくてもいいです。タブレットはWI-FIモデルでも視聴できますよ!ただし、2台で同時視聴は出来ないっていう点だけ注意!

 

スポナビライブをテレビに繋いで観戦する方法

スポナビライブはスマホやタブレットで見るのが主ですが、必要な機器を用意すればテレビで試合を観戦できます。

やっぱり小さい画面でサッカーは見にくいです。臨場感のせいなのか、せっかくのリーガやプレミアリーグの試合でも、大きい画面じゃないとなぜか見る気って起きないんだよなぁー。

で、テレビでスポナビライブを見る方法なんですが、

  • Chrome Cast
  • Apple TV

のどっちかを使います。

iPhone、iPadからテレビに繋ぐときはApple TVを、Android端末(スマホ、タブレット)からテレビに繋ぐときはChrome Castを使います。

Chrome Cast

Apple TV

これ以外にもテレビに映す方法はあるにはあるんですが、一応公式の方法は上の2つの機器を使って見ることになっています。詳しい接続方法は以下の記事にまとめています!

  • スポナビライブをテレビで見る!iOS(iPhone、iPad)から繋ぐ方法
  • スポナビライブをテレビで見る!Androidスマホ、タブレットから繋ぐ方法

 

スポナビライブをテレビに繋いだ時の画質・見心地について

そもそもスポナビライブには高画質、標準、低画質の3つのモードがあるんで、テレビに繋いだ時の画質もそれに左右されます。

それぞれのモードで見た時の感じを画像にすると、こんな感じです。左側がスマホ画面のスクリーンショットで、右側がテレビに繋いだ時の画面をカメラで撮影した画像。

高画質モード

標準モード

低画質モード

 

WI-FIは必須!?サッカー1試合を観戦したときにかかるスポナビライブの通信量

で、契約前に確認しておきたいのが、通信量です。

スポナビライブはインターネット配信なので、ネット環境が必須。サッカーの試合を90分全て視聴すると、結構な通信量が消費されます。

高画質、標準、低画質の3つのモードで1時間あたりに消費するデータ通信量が以下の通り。

  • 高画質:1.7GB
  • 標準:600MB
  • 低画質:200MB

サッカーに限ると、1試合90分、アディショナルタイムやハーフタイム、試合前の選手紹介などの時間を入れると、まぁ2時間ちょっとです。

仮に2時間としますと、消費するデータ通信量は

  • 高画質:3.4GB
  • 標準:1200MB(約1.2GB)
  • 低画質:400MB

になる。

高画質だと消費量が半端じゃねーなってことで、LTE通信で高画質で見ようものなら、1試合見終わる前にもう通信制限がこんにちは状態に…。

スポナビライブを見るときは、WI-FI環境が必須だと思った方がいいですね。

既にWI-FIがある人はいいですけど、固定回線ではなくWiMAX利用者とか、そもそもネット回線がないって人は新しく用意したほうが無難かもしれません。

 

スポナビライブのサッカー中継のレベル、実況や解説について

最後に、中身について補足。サッカー中継でとっても重要なのが、実況と解説です。

実況・解説陣は主にスカパーやJsportsで担当している面々なので、レベルは非常に高く、内容も面白いです。