AmazonFireTVstickでDAZNをテレビで見る方法

Amazon Fire TV stick本体

DAZNをテレビで視聴する方法の中で、最もメジャーなのがAmzonFireTVstickを使った方法です。購入費用も他と比べて安く、視聴も安定しており、利便性もよし。Amazonプライム会員ならテレビで映画やドラマも見放題なので、DAZN以外でも利用価値大です。

また、よく勘違いされがちですがAmazonプライム会員(年会費3,900円)でなくてもAmazonFireTVstickでDAZNをテレビで視聴できます。Amazonプライム会員になりたくないという人でも大丈夫なので、そこは安心してください。

ただし、DAZNを視聴するときはネット回線に繋ぐのでWi-Fi環境が整っている方がいいです。WiMAXやテザリングでも大丈夫ですが、通信制限に気をつけましょう。

 

Amazon Fire TV/Fire TV stickでDAZNをテレビで視聴する方法

さっそく端末をAmazonで購入するんですが、DAZN視聴に対応しているのは

の3機種あるんですね。この中のどれかを選ぶんですけど、大抵は2つ目のAmazon Fire TVstick(4,980円)でいいかと。僕もこちらを使っています。

音声認識リモコンは使う人、使わない人がハッキリするんで希望に合わせて。僕はまず使わないので、普通の方を選びました。

 

Amazon Fire TVについて

AmazonFireTVはstickよりスペックが良いので値段も高いですが、正直DAZN目的ならあんまり意味はないかなぁと。

メモリが1GB→2GB、解像度が最大1080p→最大4KUltraHD、microSDスロット付き、音声認識リモコンというのが主な違いで、Wi-Fi接続だけでなく有線でネット接続にも対応しています。

ただしDAZNの配信映像がそもそも4kでもHD画質でもないんで意味がない。ネットを有線接続できると確かに映像は安定しますが、Wi-Fiで接続するstickでも充分安定しています。

そもそもテレビの場所とモデムが遠いから有線で接続できない場合は無意味ですから、個人的にはstickの方で充分かと。DAZN視聴以外の目的も含めて考えているのなら、値段の高いAmazonFireTVでもいいですが、DAZN視聴が主な用途なら値段の安いstickで良いと思います!

 

そんなこんなでAmazonFireTVstickが到着!

到着したのがコチラ。

Amazon Fire TV stick本体

到着したAmazon Fire TV stick本体

僕が購入したのは同じStickでも一つ古いバージョンで、2017年4月以降はCPUがデュアルコアからクアッドコアにバージョンアップしたものが手に入ります。くっそ、焦って買っちゃったよ!

中身はこんな感じ。

Amazon Fire TV stickの梱包物を広げた画像

Amazon Fire TV stickの梱包物

スティックになっているUSBのようなものをテレビのHDMI端子に差し込んで使います。他に電源ケーブル、電源コンセント、リモコン、リモコンに使う電池、説明書が入ってます。

 

Amazon Fire TV stickをテレビに設置する

設置は簡単。やり方はAmazonFieTVでもAmazonFireTVstickでもほぼ同じです。

まずスティック本体に電源ケーブルを差し込みます。マイクロUSB端子がスティックの真ん中にあるので、そこに差し込みます。

Amazon Fire TV stick本体に電源ケーブルを差し込んだ画像

Amazon Fire TV stick本体に電源ケーブルを差し込む

次に、スティックをテレビの裏側にあるHDMI端子にぶっ挿します。なかなか固いですが、落ち着いて、グッと力を入れると挿さります。

テレビの裏側にあるHDMI端子にFire TV stickを挿し込んだ画像

テレビの裏側にあるHDMI端子にFire TV stickを挿し込む

スティックに入れてある電源ケーブルの反対側は電源アダプタにセットし、テレビの近くにある電源コンセントに。

AmazonFireTVstickの電源ケーブルを電源アダプターに差し込んだ画像

電源ケーブルを電源アダプタに差し込み、コンセントにセット

これでセッティングは完了です!

Amazon Fire TVそのままテレビにはセットできないので、テレビと本体を別売りのHDMIケーブルで繋ぎます。

Fire TV stickならHDMIケーブルは要りません!

 

Amazon Fire TV stickの初期設定を行う

セットが終わったら、テレビを付けてリモコンの入力切換を押します。

さきほどスティックを挿したHDMI端子の番号に合わせます。僕は「入力3」の所に挿したので、入力切換の3を選択。

テレビにAmazonFireTVstickの画面が表示されている画像

お、映った!

画面の指示通り、リモコンにあるボタンを押します。リモコンに電池もセットしといてね。

ボタンを押すと言語の設定、

AmazonFireTVstickでの言語設定画面

言語の設定画面

使用するネットワーク(Wi-Fi)を選択して

AmazonFireTVstickでのネットワーク設定画面

ネットワークの設定

パスワードを入力します。

AmazonFireTVstickで使用するWi-Fiネットワークのパスワードを入力する画面を映したテレビの画像

使用するWi-Fiネットワークのパスワードを入力

すると、いきなり僕の名前が!!

AmazonFireTVstickでの初期設定が終わり、注文車の名前が表示されてアカウントを選択する画面がテレビに映っている画像

いきなり「こんにちは」じゃねぇだろと思いながら、とりあえずアカウントを選びます。

すると、いきなり画面が代わって映像が流れて初期説明をしてくれます。

AmazonFireTVstickで流れる初期説明映像の様子

AmazonFireTVstickで出来ることや操作説明、リモコンの使い方などが一通り流れます。

AmazonFireTVstickで流れる初期説明映像でリモコンについて説明している様子

やたら早口で、アメリカンな感じが新鮮です(笑 この映像は後からでも視聴できます。

 

Amazon Fire TVstickにDAZNアプリをインストールする

初期説明が終わるとホーム画面が映し出されるので、お目当てのDAZNアプリをインストールしましょう。大抵の場合はホーム画面のどこかにDAZNのアプリが出ていると思うので、リモコンでそれを選択。

AmazonFireTVstickでアプリ一覧からDAZNを選ぶ画面

アプリの一覧からDAZNを選ぶ

出ていない場合は左側の「ホーム」の中で「アプリ・ゲーム注目タイトル」の中にあるはずです。

ホーム画面の「アプリ・ゲーム注目タイトル」の中からDAZNを選んでいる画面

ホーム画面の「アプリ・ゲーム注目タイトル」の中からDAZNを選ぶ

DAZNを選択すると、アプリの説明画面が出てきます。

AmazonFireTVstickでDAZNアプリの詳細画面から入手ボタンを選択してインストールする様子

DAZNアプリの詳細画面から「入手」を選択してインストール

「入手」を選択し、インストールします。インストールが終わったらアプリを開いたらサインインします。

 

DAZNの中で見たい試合を選ぶ

サインインが終わると、いつものDAZNの画面ですね。

AmazonFireTVstickでDAZNアプリにサインインしサッカーのJ1のコンテンツ一覧を表示させた画面をテレビに移している様子

DAZNにサインインすると、、おなじみの画面に!

見たい試合を選ぶと、テレビでのDAZN視聴がスタート。

テレビでDAZNのJリーグ「鹿島-FC東京」の試合を映している様子

きたぁぁぁぁぁぁ!!

これで、Jリーグの生中継もリビングのテレビで見れるよ!!DAZNの試合映像をテレビに映すと、試合中はこんな感じですね。

DAZNのJリーグ、浦和レッズ対セレッソ大阪の生中継時の試合映像をテレビに表示させている画像

DAZNのJリーグ、浦和レッズ対セレッソ大阪の生中継時の試合映像

DAZNのJリーグ、浦横浜Fマリノス対北海道コンサドーレ札幌の生中継時の試合映像をテレビに表示させている画像

横浜Fマリノス対北海道コンサドーレ札幌の生中継時の試合映像

画質については後ほど解説をします。

 

DAZNでの試合視聴が終わったらアプリを終了しスリープに

試合を見終わったら、リモコンの「上」、もしくは「下」を選択し続けるとこのようなメニュー画面が出てきます。

AmazonFireTVstickのリモコンを操作して「終了」メニューを表示させた画像

DAZNを終了するときはリモコンを操作して「終了」を選ぶ

いちいちサインアウトすると面倒なので、「終了」を選ぶとアプリが閉じます。

さらに、Amazon Fire TVstickそのものの電源はないんですが、スリープには出来ます。ホーム画面が映った状態でリモコンの「ホーム(家マーク)」を長押しして離すと…

AmazonFireTVstickのリモコン

FireTVstickのリモコンの2列め真ん中にあるホームボタンを長押しして離す

こういう画面が出てくるので、「スリープ」を選択。

Amazon Fire TV stickのスリープ選択画面

Fire TV stickのスリープ選択画面

すると、電源が落ちます!

 

Amazon Fire TV stickでDAZNを見た印象・感想

実際にAmazonFireTVstickでDAZNをテレビ視聴してみたところ、リモコンが使えるし、テレビだけで見れるんで快適です。HDMIケーブルで繋いだり、ミラーリングで見ると繋いでいるスマホやタブレットが束縛されるんですが、こっちは束縛がないのがイイ。

ソファに座ってリモコンで操作できるし、試合を見ながらスマホも触れるし、(ネット回線が安定していれば)映像がカクカクしたり不安定ということもないですね。他の視聴方法も試してみましたが、やっぱりAmazon FireTV stickで見るのが一番手軽でリーズナブルだと思います。

 

DAZNをテレビで見たときの画質について

他の記事でも散々書いていますがDAZNをテレビで見た時の画質はイマイチです。

こちらは、上がDAZNの中継映像をテレビで見たときの画質。下は同じ試合のNHK-BS1での生中継の映像。クリックすると拡大できます。

上がDAZNの中継映像をテレビに映した画質。下はNHK-BSの生中継の映像。

画像でみると分かりにくいですが、テレビで見ると雲泥の差があります。ここまで差が出るのはそもそものDAZNの配信映像の問題で、テレビでの視聴方法を変えても画質がよくなりません。基本、どの視聴方法でも画質は同じ。画質が変わるとか、クルクルが出て映像が止まる、カクカクするとしたらネット回線の問題です。

正直、BSやNHK、スカパーでの試合観戦に慣れている人からすると「悲しくなるぐらいの低画質」です。色々技術的な問題があるんでしょうけど、まぁ映像のクオリティ的な面で言うなら、もっと頑張ってもらわないと困るレベル。

画質やその他の面で問題はありますが、まぁこれで一応はDAZNをテレビで見る環境が出来ました。

 

Amazonプライム会員になるとAmazonプライムビデオも見放題

Amazonプライムビデオのラインナップ

Amazonプライムビデオの主なラインナップ。プライム会員なら視聴し放題

余談ですが、Amazon Fire TV stickはAmazonプライム会員になると楽しみがもっと増えます。年会費3,900円(税込)はかかりますが、かなりの分量の映画(邦画、洋画)、ドラマ(日本、海外)、バラエティ番組、アニメ、音楽が見放題・聴き放題です。3,900円も年会費なので、1ヶ月にすると325円と激安。

コンテンツのラインナップは時々で変化しますが、キッズ向けの「ドラえもん」、「クレヨンしんちゃん」、「妖怪ウォッチ」、「機関車トーマス」などレギュラー放送+映画が見れるし、お子さんをお持ちの方にも評判いいですしね。

僕はたまたまプライム会員でしたが、どんなのが見れるのかラインナップを見ているだけでも結構楽しいです。DAZNはプライム会員じゃなくても視聴できますが、せっかくAmazon Fire TV/Amazon Fire TV stiskを購入したのなら加入を検討してみてはいかがでしょう。

 

AbemaTVをインストールすると海外サッカーも見れるよ

Anazon Fire TV stickでAbemaTVでバイエルンTVのバイエルン対ブレーメンの番組をテレビに移している様子

Anazon Fire TV stickで無料視聴できるAbemaTVでも海外サッカーを放送中

もう一つ余談ですが、インターネットテレビ局で有名なAbemaTVも対応しているので、アプリをインストールすると色んな番組が見れます。AbemaTVにはサッカーチャンネルもあり、全て録画放送ですが、独自の実況解説を入れた試合を見れます。

配信しているのは

  • MUTV(マンチェスターU)
  • CityTV(マンチェスターC)
  • BarçaTV(FCバルセロナ)
  • FC BAYERN.TV(バイエルン)
  • JuventusTV(ユベントス)
  • ROMA TV(ASローマ)

です。全て録画放送で試合開催からタイムラグはありますが無料で見れます。興味のある方はぜひ。

 

まとめ

DAZNの配信映像や技術的な問題はあるにせよ、とりあえずDAZNをテレビで見れる環境はこれで整います。Amazon Fire TV/Fire TV stickなら手軽でリーズナブルにテレビでの視聴環境を整えられますし、他の方法と比べてもおすすめ度はダントツ。

DAZN以外にもコンテンツが色々豊富にあるので、Jリーグの試合を是非大画面で楽しんでください!

他のDAZNをテレビで見る方法もまとめているので、こちらも参考にしてみてください。