DAZN(ダゾーン)でJリーグ&海外サッカー見放題/結構イイぞ

DAZNの公式サイトのトップページのスクリーンショット

スポンサーリンク

DAZN(ダゾーン)はスポーツ専門のライブストリーミングサービス。Jリーグやブンデスリーガ、セリエAなど、世界各国のサッカーを配信しています。

サッカー以外にもテニスやバスケットボール、ゴルフ、モータースポーツ、NFLなど多種多彩なスポーツコンテンツを配信しているのですが、実際に使ってみての感想や見心地など、加入を検討している方に向けてまとめました。

当サイトはサッカー専門サイトということで、サッカーだけに話を絞って、DAZNの全貌を紹介します。

スポンサーリンク

海外サッカー・Jリーグを含む、DAZN(ダゾーン)が配信するサッカーコンテンツ

DAZNのサッカーコンテンツの画面のスクリーンショット

スポンサーリンク

まず、DAZNは色んなスポーツを取り扱っているんですが、サッカーだけでもコンテンツ量は膨大。

とりあえずDAZNで見れるサッカーの内容を一覧で見てみましょうか。

  • Jリーグ
    • J1、J2、J3(全試合生配信)
    • J1昇格プレーオフ(全試合生配信)
  • ドイツ
    • ブンデスリーガ(1部全試合、2部は日本人選手中心に主要試合)
    • DFBポカール(毎節最大4試合)
  • イタリア
    • セリエA(全試合配信・最大8試合生配信、録画2試合 ※ミランは毎節録画)
    • コッパ・イタリア
    • スーペルコッパ・イタリアーナ
  • イングランド
    • リーグ杯
    • FAカップ
    • プレミアリーグ2部
  • スペイン
    • スペイン国王杯(コパ・デル・レイ)
    • スーペルコパ
  • フランス
    • リーグアン(最大2試合をライブ)
    • リーグドゥ(2部)
    • フランス杯
  • スコットランドプレミアリーグ
  • ブラジルセリエA
  • アルゼンチン 1部
  • ベルギージュピラーリーグ
  • 南米カップ戦・コパ・スダメリカーナ
  • オーストラリアAリーグ
  • 国際大会
    • アフリカ・ネーションズカップ
  • 2018年FIFAロシアW杯予選
    • 欧州予選(258試合・プレーオフを除く)
    • 南米予選(全試合配信・プレーオフを除く)
    • 北中米カリブ海予選(一部の試合)

 

多いなぁー。笑

全部が全部、毎月配信がある訳じゃないし、もちろん全部見る人はほとんどいないでしょうし、日本でも注目度が低い試合は英語実況です。

まぁサッカーが目的の場合、やっぱりメインになるのって

  • Jリーグ
  • ブンデスリーガ
  • セリエA
  • FAカップ&リーグ杯(イングランド)
  • コパデルレイ
  • W杯予選

あたりでしょう。これら全ての試合にも日本語実況&解説はつかないので、実際に見る試合はこの中でも限られると思います。

セリエAはまだそんなに注力していない感じで、ミランの試合がたいてい録画配信ですし、日本語実況のみ(解説なし)、英語実況のみの試合も多いです。

スポンサーリンク

DAZNの視聴料金と支払い方法

DAZN for docomo、高畑充希と堤真一

DAZN for docomo(公式より引用)

DAZNの月額料金は以下の通り。この月額料金さえ支払えば、配信コンテンツは全て見放題です。競技ごと、サッカーのリーグごとの契約はできません。

※月額料金(税抜) DAZN DAZN+dtv
ドコモ利用者 980円 1,280円
上記以外の人 1,750円 2,050円

dtvはドコモが提供する月額500円で利用できる動画配信サービスで、これと一緒に申し込むと200円の割引を受けられます。


dtv【公式】

ドコモ利用者の中には、ガラケー(FOMA契約)、タブレット、ポケットWi-Fiも含まれます。家族にドコモ利用者がいる場合は代理契約もOK!

ちなみに、DAZNは1ヶ月の無料体験があるので、最初の1ヶ月は料金なしで全コンテンツを楽しめます。

料金の支払い方法はクレジットカードかデビットカード。口座振替や振込には対応していません。

ドコモ利用者が契約するDAZN for docomoではドコモの毎月の利用料金と一緒に視聴料金を支払います。代理契約の場合は自分でお金を支払いましょう。

デビットカードは国内発行のVISA、JCB、MasterCard、American Expressのロゴが入ったものに限ります。

 

DAZNの視聴可能な端末について

DAZNはライブストリーミングサービスなので、どの端末で視聴する時もネット回線が必須です。

DAZNは、

  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • テレビ

で見ることが出来ます。

パソコンからDAZNを見る時はWEBブラウザ(IE、FireFox、Googlechrome、Safariなど)から見れるし、スマホやタブレットからはアプリを使って見れます。

接続機器が必要ですが、DAZNはテレビでも見れるんで安心してください。(詳細は後ほど)

iOS端末は8,0以上のデバイスであることが条件で、iPad1は非対応。Android4.4以上が必須です。

DAZNに対応していない端末について

iPad 1、Windows Mobile、Blackberry、Nexus Player、Amazon Kindle Fire (2013年以前のモデル)はDAZNに対応していません。

DAZNの複数端末での視聴について

DAZNは最大2台まで同時視聴できます。2台の端末を用意して同時刻キックオフの試合を見ることも出来るので、優勝争い、残留争いなどの時も便利。

それに家族がドコモで代理契約をしていても、その契約者と自分の端末で同時に見ることも出来ますね。ただし、3台目は無理です。

3代目の端末でサインインした瞬間、2台のうちどちらかの配信はストップします。

 

DAZNで配信される試合の録画は出来ない…

DAZNは今のところ、録画が出来ません。。。

一応、見逃し配信(ライブ配信終了後30日間)がありますけど、今のところ録画、保存は出来ないですね。

Jリーグのサポだったら自分のチームの試合を記録代わりに録画している人も多いと思いますし、著作権など色んな問題があるとは言え、録画問題をどうするのかがDAZNの今後のカギになりそうです。

公式サイトによると今後、見逃し配信期間の延長、ダウンロード視聴への対応を検討中とのこと!

 

DAZNをテレビで見る方法!

テレビでDAZNのJリーグ「鹿島-FC東京」の試合を映している様子

スポンサーリンク

サッカーの試合を見る時は、やっぱりテレビの大画面で見たいですよね。DAZNをテレビで見るには、大きくわけて5つのやり方があります。

  1. DAZNアプリ対応のスマートTVで見る
  2. アプリ対応の接続機器を使う
  3. ゲーム機を使う
  4. HDMIケーブルを使う

このうち、最もメジャーで簡単で人気の方法が、「2」の接続機器を使うやり方で、Amazon Fire TV/Amazon Fire TV Stickを使う方法です。僕もテレビで見る時はAmazon fire TV stickを使っています。

その他、XboxやPlayStaytion3,4などのゲーム機を使うのも人気ですね。DAZNをテレビで見る方法は色々あるので、別記事で詳しくまとめて紹介しています。

 

実際にDAZNでサッカーの試合を観戦してみての画質確認

サッカーの試合をネットで見る時に重要なのが画質です。DAZNには標準画質とHD画質があるんですけど、ネット回線の速度に合わせて自動的に画質が設定され、画面に表示されます。

自分でどちらかの画質を選ぶ事は出来ません。全て自動です。

ちなみに、画質が粗い時はこんな感じ。画像はクリックすると大きくなります。

DAZNの標準画質画面1 DAZNの標準画質画面2 DAZNの標準画質画面3

結構荒いです。でも、HD画質の時はこんな感じ。めちゃくちゃキレイです。画像はクリックするとおっきします。

DAZNのHD画質画面1 DAZNのHD画質画面2 DAZNのHD画質画面1

動画を配信し直後はいつも画質が荒いですが、ネット回線が整っていればすぐにHD画質で表示されます。

個人的な印象ですけど、ネットで見ていると綺麗に見えても、テレビに繋ぐと画質が荒く見えます。映像の滑らかさもテレビだとテレビだと気になりますね。

DAZNを快適に視聴するには安定して速度がでる固定のネット回線が必須!

DAZNでJリーグのG大阪と甲府の試合でライブ配信がされずにリロードされ続ける画面のスクリーンショット

2月26日に行われたJリーグ開幕戦のG大阪-甲府の試合はライブ視聴が出来ず大混乱に…

実際にDAZNを使っていて痛切に感じましたが、スポナビライブにしろDAZNにしろ、こういうネット配信サービスは高速度で安定しているネット回線が絶対必要です。

サッカーの試合を高画質で見ると通信量も膨大なので、通信制限があるWiMAX、ポケットWI-Fi、テザリングは厳しい。

そうなると、固定の光回線がベストです。

DAZNはネット配信サービスなので、同じ試合を見ていてもその人が使っているネット環境(回線速度)によって全然視聴環境が変わってしまいます。

ネット回線が遅いと、当然画質も粗いし、カクカク止まりますし、速度が出ていれば快適ですし、極論言うと、拾う電波が違うだけで視聴状況も激変します。

僕の家はマンションタイプの光回線(ドコモ光)なんですけど、回線が混雑する時間帯ににDAZNのライブ中継を見ると、カクカク止まったり、画質が荒くなったりしますもんね。

逆に速度が出る時間帯だと全く問題なく超快適に見れますから、ほんとにネット環境次第という感じです。

 

DAZN加入前に自分のネット回線速度を確認しておこう!

公式サイトによると、DAZNを快適に見るためには

  • 標準画質で見る時のネット回線の速度は5.0Mbps 、HD画質で見る時は9.0Mbpsが推奨

とのこと。

僕が視聴した感じで言うと、1.0~2.0Mbps程度だと不安定でよく止まるし、画質も標準→HDを行ったり来たりという感じ。まぁ見れないことはないけど、正直イライラしますね。

ネット回線の速度を調べる時は、以下のサイトたちがオススメ。いろいろ試してみて、速度を確認してみてください。

あと、視聴端末のスペックにも視聴環境は左右されるので、あんまり古かったりCPUやメモリが貧弱なものよりは、やっぱり高スペック端末の方が見やすいことは間違いないですね。

2月25日のJリーグ開幕以降、利用者数、アクセス数が激増したせいか、それまで快適に見れていたものも快適に見れなくなった気がします。

今後DAZNがきちんと改善してくるはずですが、推奨環境を明らかにクリア出来ているのにカクカクしたり、頻繁に映像が止まることが、残念ながらあります。アプリでは快適に見れるのにパソコンだとダメとか、まだ改善の余地がありますね。

いずれにせよ、快適な視聴環境はネット回線の速度に左右されるのは間違いないので、ご自分のネット環境でDAZNを快適に見れるかどうかを一度確認するのがいいかと思います。

 

DAZNは1ヶ月無料体験あり!まずは登録してみて見心地をチェックしてみては?

スポンサーリンク

何度か書いている通り、DAZNは1ヶ月無料体験を実施中。無料体験期間中の解約も出来るので、最初の1ヶ月は無料で全コンテンツを楽しめます。

内容的なことは当然として、自分のネット環境でどの程度快適に見れるかのチェックも出来ますから、まずは登録してみてはいかがでしょうか。そこでもし気に入らなければ、無料期間内で解約してしまえばいいので。

無料体験は公式サイトから。DAZN for docomoの申込みはマイドコモの「DAZN for docomo」から!

DAZNの公式サイトのトップページのスクリーンショット

DAZN for docomoの申込画面

「1ヶ月無料体験を始める」とクリック。アカウントを作成し、次のステップに移ると2~3分で視聴が出来ます。

DAZNの無料体験申込画面のスクリーンショット。ここに無料体験終了日の記載部分に注釈

DAZNの無料体験申込画面。ここに無料体験終了日も記載されています

無料体験の終了日は登録時の画面に記載されていますし、登録完了後の画面や、登録完了メール、ログイン後のマイアカウント画面に記載されていますよ~。解約するときはマイアカウントからクリック一つでOK。

これで一旦は見たい試合を見れないストレスから開放されますし、こういう感じでJリーグなどサッカーコンテンツを無料で楽しめるので、是非お試しを!

スポンサーリンク